玄海町社会福祉協議会の渡邉藤江事務局長

 玄海町社会福祉協議会で働いて約30年、事務局長に就いて4年になる。社協はコミュニティーバスや児童館を運営したり、町の介護保険事業を担ったりしており、町に欠かせない組織になった。一方で町民の中には「社協ってどこにあるの」と言う人もおり、全ての人に浸透できてない課題もある。

 町民の皆さんと交流する中で、高齢者の増加と人口の減少を実感する。ただ、今の年配の方は元気な人が多い。これからは活力ある高齢者と協力して町を盛り上げたい。そのためにも、社協がもっと町に溶け込み、地域振興への思いを町全体で共有することが大事だ。

 生まれてから今まで、ずっと町で暮らしてきた。今は家族4世代で暮らしている。子や孫が安心して暮らせる町にしていくため、自分にできることを考えていきたい。(玄海町今村)

このエントリーをはてなブックマークに追加