カササギ

 もうすぐ七夕です。色とりどりの短冊に願い事を書いたり、七夕飾りを作ってササの葉につるしたり。子どもの頃の楽しい思い出です。

 七夕の夜は、年に1度、織り姫とひこ星が天の川を渡って会うことができる特別な日といわれています。その時に実は大事な役割をしているのがカササギです。

 カササギは天の川に翼の橋を架けて2人の逢瀬おうせを助けるという伝説があります。なんだかとってもロマンチックですね。最近は七夕の時期は雨ばかりで、なかなか昔のように天の川を見ることも難しくなっている気がします。今年は晴れて無事に2人が会えますように。(日本野鳥の会佐賀県支部・中村さやか)

このエントリーをはてなブックマークに追加