企業が国の助成を受けて設置する「企業主導型保育所」の開設を巡り信用組合から融資金約1億990万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は3日、詐欺容疑で福岡市のコンサルタント会社社長の男(51)ら3人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは福岡県大野城市の会社役員の男(34)、基山町の会社役員の男(38)。

 逮捕容疑は、2018年10月、保育所開設に関して国の助成を受けることが決まったとする虚偽の「助成決定通知書」を電子メールで横浜幸銀信用組合(幸銀信組、横浜市)の担当職員に送信し、融資金をWIN社の預金口座に振り込ませ、だまし取った疑い。

 幸銀信組は国の助成を受けることを条件に、保育所の土地取得費や建築費の融資を承認していた。コンサルタント会社社長の男が実質的に経営する別の会社が公益財団法人「児童育成協会」に助成を申し込んでいたが、決定は出ていなかった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加