夏の甲子園出場を懸けた第101回全国高校野球選手権佐賀大会が6日、開幕する。県立高の再編統合の影響で、塩田工と杵島商の野球部員にとっては、長く親しまれてきた校名で挑む最後の大会となる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加