日本原子力発電は12日、敦賀原発1号機の核燃料を2024年度までに搬出し、33年度までに原子炉本体の解体を終える方針を地元の福井県敦賀市に伝えた。原子炉建屋の解体は39年度までに終えるとしている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加