県ヨット連盟が指定管理者として管理する県ヨットハーバー。県は10月末までで指定管理を取り消すことを決めた=唐津市二タ子

 県ヨット連盟の10月末での県ヨットハーバー(唐津市二タ子)指定管理取り消しを受け、佐賀県は3日、次期指定管理者の募集を開始した。指定管理期間は2019年11月1日から23年3月31日までで、8月5日応募締め切り。

 県内外問わずに募集するが、県外の事業者の場合は県内事業者と共同での提案書作成が条件。申請方法は県のウェブサイトで確認できる。

 県は、8月下旬までに有識者で構成する選定委員会を開催して事業者の評価審査を実施。委員会の判断を経て、9月議会に議案を提出する。

このエントリーをはてなブックマークに追加