福岡市博多区出身の国重亜樹奈さん(28)が、4月から玄海町の地域おこし協力隊として働いている。使命は耕作者が減りつつある浜野浦の棚田の活性化。「心奪われた美田のために」と未経験の農業に挑戦している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加