部員が増えた玄海みらい学園野球部

 今年4月まで部員が3人だった玄海みらい学園の野球部。7年生(中1)7人が入部したことで、単独での中学総体出場がかなう。少人数の頃に比べ、できる練習が増えた。この3カ月で部員は徐々にまとまりつつある。

 経験の少なさは元気でカバーする。「守備の時は後ろから声を掛けてくれるので投げやすい」と話すのは、9年生(中3)で投手の小山叶汰さん。チームの信頼関係は厚い。

 7日に中学総体地区大会の初戦に臨む。小山さんは「このメンバーでできるだけ長く試合ができるように勝ちたい」と気持ちを高める。顧問の宗寛展教諭(33)も「失敗を恐れずに思いっきりプレーしよう」と声を掛ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加