基山商店「基峰鶴 Velvet 生」

 山田酒店の山田晃史店主に聞きました。

 名前の通り「Velvet」のような、柔らくしなやかな口当たりです。甘口の中でも、きめが細かく、じめっとした梅雨時の、どことなく疲れやすく、気だるい身体に、生き生きとしたフレッシュな味わいが広がります。

 合わせる料理は“ふわっとろっ”がキーワード。ふわふわの卵とカニのうま味が広がるかに玉や、ヤマイモの鉄板焼きがおすすめ。キンと冷やして小ぶりのグラスで少しずつ。杯が進みます。(720ミリリットル、1945円)

このエントリーをはてなブックマークに追加