唐津商高を卒業後、東京都内の食品メーカーに勤めた。料理の仕事をしていた弟(和田倉洋さん、55歳)も上京し、縁あって一緒にステーキハウスを営むことになった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加