有田焼と伊万里焼の駒を使用したチェス大会=伊万里市の市生涯学習センター

新商品の伊万里焼のチェス駒

 九州のチェス愛好家が集う「チェス・トーナメント九州チーム選手権in伊万里」が6月30日、伊万里市松島町の市生涯学習センターで開かれた。焼き物の里の大会らしく、参加者は有田焼と伊万里焼の駒を使って盤上の頭脳戦を楽しんだ。

 有田焼のチェス駒は有田町の陶磁器販売会社「陶楽」が2年前に商品化し、昨年の前回大会から使用されている。伊万里焼の駒は伊万里市大川内山の窯元で作られた新商品で、対局で手にした参加者からは「伝統的な文様が美しく、感触もいい」と好評だった。

 大会は伊万里チェスクラブが主催し、福岡や長崎などから6チーム18人が参加。チーム・熊本が優勝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加