副島良彦氏

 佐賀空港のターミナルビルなどを管理する佐賀ターミナルビルの新社長に、前副知事で佐賀県特別顧問の副島良彦氏(63)が就任した。前任の牟田香氏(68)は退任した。

 6月21日に株主総会と取締役会を開き、取締役13人中11人を再任、2人を新任し、副島氏を社長に選任した。任期は2年。副島氏は県土づくり本部長を経て2015年5月から4年間、副知事を務めた。

 佐賀ターミナルビルの18年度決算は13期連続の黒字になった。売上高は前年度比2・7%増の5億7980万円となる一方、経常利益は前年度比11・4%減の1億2237万円で、増収減益だった。

 他の新任役員は次の通り(敬称略)

 取締役 坂本洋介(副知事)、愛野時興(祐徳自動車代表取締役社長)

このエントリーをはてなブックマークに追加