中山啓輔さん

 玄海町には田舎ならではの温かい交流がある。各家庭で作っている野菜の物々交換なんてしょっちゅうある。

 地域に恩返しをしようと勝手に町の親善大使を名乗っている。町内イベントの運営を手伝ったり、地元ケーブルテレビに出演したりしている。「この前も出てたね」と声を掛けられるとうれしい。町主催の婚活イベントで実行委員長も4年間務めたが、イベントで出会った女性と6月に結婚したため、引退した。

 町内の土建会社で働いているため、玄海原発関係者と関わることも多い。その中で、町外から仕事で来た人と、地域住民が交流する場がないと気付いた。ミニバレーサークルを立ち上げ、両者がつながるよう取り組んでいる。メンバーは10人。今後はもっと増やしていきたい。

 これからも住民目線で、町の魅力を発信できるものを考えていきたい。(玄海町轟木) 

このエントリーをはてなブックマークに追加