中山敬子さん

 高校卒業と同時に実家の畜産を手伝うようになり、今は佐賀牛の肉の加工販売を担う中山牧場で取締役を務めている。

 町の人口は約5600人。対して牛は6千頭以上。畜産業が盛んで、人より牛の方が多いほど。町の代表的な特産である佐賀牛の生産に関われているのはうれしい。仕事で他県に行くことが多い。訪れた先でいろんなものを食べるが、玄海町の食は負けてない。佐賀牛はもちろん、マダイもおいしい。

 取引のある会社の人を町に招き、牛を育てている環境を見てもらっている。畜産農家はもちろん、他の野菜農家などにも声を掛け、交流している。町のファンを増やすのも私の役目だ。

 今後は畜産業を守りつなげ、若手を育てないといけない。牧場は昨年、50周年を迎えた。事業を頑張ることが、ひいては町の活性化につながる。(玄海町普恩寺)

このエントリーをはてなブックマークに追加