大隈重信を主人公として8月2日から佐賀新聞で連載が始まる歴史小説「威風堂々」では、挿画を佐賀市の日本画家大串亮平さんが担当する。来夏までの約1年間、毎日掲載される小説に挿絵で彩りを添える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加