薩摩藩の11代藩主島津斉彬(なりあきら)(1809~58年)、佐賀藩の鍋島閑叟(かんそう)(直正(なおまさ)・1815~71年)、そして大隈重信(1838~1922年)と、幕末から明治にかけて三分割…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加