会社創立30周年と佐賀サービスセンターの5周年を祝った記念式典=佐賀市のホテルマリターレ創世

 ジェイアイ傷害火災保険(本社東京)の創立30周年と、オペレーション業務を担う佐賀サービスセンター(佐賀市、堀光昭センター長)の開設5周年の記念式典がこのほど、佐賀市で開かれた。社員や行政関係者ら約90人が参加し、社とセンターの節目を祝った。

 同社は、国内旅行業大手のJTBグループと損害保険事業のAIGグループの合弁会社として1989年に誕生。東日本大震災を受けてBCP(事業継続計画)を検討し、2013年11月に佐賀市と進出協定を締結、翌14年6月、同市のアイスクエアビルに佐賀サービスセンターを開設した。

 センターは現在86人で、このうち69人を地元採用している。新保稔社長は「場所選定では、災害が少なく、優秀な人材が多いという土地柄を見込んだと聞いている。その選択は正しかった」と述べ、平成元年に誕生した同社の令和時代の成長と飛躍を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加