ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェットエアは1日、ベトナムと日本を結ぶ新たな路線を開設すると発表した。今月から成田―ホーチミン線、10月から羽田―ダナン線がそれぞれ就航する予定。ビジネスや観光での需要の取り込みを強化する。

 現在、ベトジェットエアは成田―ハノイなどの路線を運航しており、「日本路線の拡大によって、より多くの選択肢を提供できるようになる」とコメントした。

 ベトジェットエアは経団連の会員になったことも明らかにした。日本航空とは業務提携を結んでおり、コードシェア(共同運航)を実施している。

このエントリーをはてなブックマークに追加