福岡県の民家で飼い犬が繁殖しすぎた「多頭飼育崩壊」で、殺処分の可能性があった犬約80匹について、全頭救出のめどがたった。里親が決まったほか、各保護団体が譲渡会などで新たな飼い主を探すという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加