決勝の大舞台で投手陣が安定感を発揮し、好機を確実に得点に結びつけた高木瀬小クが初の栄冠を手にした。納富靖裕監督は「つなぐ野球ができた。選手全員がよく頑張った」と頰を緩めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加