武藤(少弐)、大内、大友の各氏は、博多の貿易権益と九州統治のシンボル・太宰府の支配権をめぐって対立を深めていく。いわゆる三前(豊前、筑前、肥前)の覇権争いである。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加