井手 雅彦氏

 佐賀県内最大の労働団体・連合佐賀(27産別、組合員数約3万6千人)は29日、佐賀市のホテルマリターレ創世で臨時大会を開き、新会長に井手雅彦氏(53)を選出した。

 井手氏はNTT労組出身で情報労連県協議会議長。25日付で九州労働金庫県本部長に就任した青栁直氏(57)の会長辞任に伴う補欠選挙で、井手氏だけが立候補を届け出ていた。青栁氏の残任期間となる10月19日までが任期で「教育や社会保障などで多くの問題が山積している。声を大にして課題を訴えていく」と抱負を述べた。

 この日は7月4日に公示される参院選に向けた決起集会も開き、井手氏は「今の政府に待ったをかける重要な選挙。総力を挙げれば思いはかなう」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加