100点の作品を楽しむことができる中学総体イラスト展=佐賀市のモラージュ佐賀南館

 中学総体に向けて頑張る生徒たちにエールを送る「15の夏輝く~がんばれ!中学総体」イラストコンクール展(佐賀新聞社主催)が29日、佐賀市のモラージュ佐賀南館1階で始まった。大会に臨む選手たちへの熱意を込めた力作が並ぶ。9月1日まで。

 県内16校から応募があり、最優秀賞1点と優秀賞、佳作、入選を5点ずつ選んだ。展示会では、最優秀賞に輝いた寺戸舞さん=城東中3年=の「スタート」など100点が楽しめる。

 寺戸さんは陸上競技のスタートで、選手が駆け出す瞬間を躍動感あるタッチで表現した。寺戸さんは「地面には大会までの苦しい道のりを表している。大会に出る人たちには、練習の成果を発揮してほしい」とメッセージを添えている。

 このほか、複数の競技を描いて「力を出しつくせ 後悔するな」と言葉を寄せた作品や、床に飛び込むバレーボールの場面を表現した作品もある。来場者は「動きがあっていい」「面白いデザイン」と見入っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加