学校に出張してきた魚介類を触ってみる子どもたち=大浦小

漁師に教えてもらい、投網に挑む子どもたち=大浦小プール

 有明海に暮らす生き物や漁業の楽しさについて知ってもらおうと、太良町の大浦小で28日、地元の漁師たちによる出前授業が行われた。なりわいとする投網漁をテーマに、コハダ漁の方法や流通の仕組みを紹介した。5年生の児童が実際に体験しながら学びを深めた。

 県有明海漁協大浦支所青年部が毎年開いている。見て、触って、知ってもらおうと有明海で捕れるスズキやエイ、アナゴ、ガザミなど20種類以上の魚介類を学校に運んできた。タコを手に取った児童は「吸い付いてくる」と笑顔になった。

 漁師たちは、座学で水揚げから市場に行って食卓に上るまでの流れを説明した。プールでは本領を発揮し、大きな円を描くような投網を披露した。子どもたちも手ほどきを受けながら体験用の網を使って挑戦した。

 投網に挑戦した山本詩音さんは「網を投げるのは難しかったけど面白かった」。奥野康介君は「これからの社会の学習に生かしたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加