ゆっくりとデコボコ道走行

 「第(だい)53回(かい)交通安全(こうつうあんぜん)子供(こども)自転車(じてんしゃ)佐賀県(さがけん)大会(たいかい)」が22日(にち)、佐賀市大和(やまと)町の大和勤労者(きんろうしゃ)体育(たいいく)センターなどで開(ひら)かれ、鳥栖市(とすし)の鳥栖小が4連覇(れんぱ)を飾(かざ)り、8月(がつ)7日(にち)に東京都(とうきょうと)で開かれる全国(ぜんこく)大会出場(しゅつじょう)を決(き)めました。
 1チーム4人で構成(こうせい)。昨年の優勝(ゆうしょう)チームと地区(ちく)予選(よせん)を勝(か)ち抜(ぬ)いた計(けい)16チームが出場し、筆記(ひっき)試験(しけん)と、自転車の正(ただ)しい乗(の)り方(かた)と安全な走行(そうこう)を評価(ひょうか)する「安全走行テスト」、自転車の乗り方の熟練度(じゅくれんど)を評価する「技能(ぎのう)走行テスト」の三(みっ)つで競(きそ)いました。

片手でバランスをとりながら運転
踏切では自転車を降りて左右を確認
右左折の合図は車の運転手にも分かるように

 子(こ)どもたちは「安全走行テスト」では強(つよ)い日差(ひざ)しの中(なか)、慎重(しんちょう)に安全確認(かくにん)を行(おこな)い、交差点(こうさてん)を通過(つうか)する時(とき)は左折(させつ)と右折(うせつ)の指示(しじ)を出(だ)しながら走行しました。片手(かたて)で左折と右折の指示を出しながらバランスを保(たも)って進(すす)む「技能走行テスト」のS字(じ)コースでは、会場(かいじょう)は緊張(きんちょう)感(かん)に包(つつ)まれました。


 大会に出場した子どもたちの様子(ようす)と、全国大会に向けた鳥栖小チームの抱負(ほうふ)を紹介(しょうかい)します。

 

■宮原(みやはら)識支奏(しえな)さん(11)

 苦手(にがて)なところはチームで支(ささ)えあっているからこそ全国大会も自信(じしん)がある。

 

 

 

 

■古賀(こが)優来(ゆら)さん(11)

 全国大会では緊張(きんちょう)せずに練習(れんしゅう)の成果(せいか)を出したい。

 

 

 

■佐藤(さとう)奏太(そうた)さん(11)

 全国大会では個人(こじん)でも団体(だんたい)でも優勝したい。

 

 

 

 

■山岡(やまおか)小風美(こふみ)さん(11)

 全国大会でもチームメイトを信頼(しんらい)して頑張(がんば)りたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加