煮詰めたようかんを型に流し込む児童=基山町の若基小

 佐賀県職業(しょくぎょう)能力(のうりょく)開発協会が認定(にんてい)する「ものづくりマイスター」による「ものづくり体験教室」が20日、基山町の若基小で開かれました。6年生39人が、小城ようかんのマイスターである萩原(はぎはら)隆文(たかふみ)さん(49)の指導(しどう)を受けながら、ようかん作りに挑戦(ちょうせん)しました。
 さまざな仕事について学ぶキャリア教育の一環(いっかん)として実施(じっし)。萩原さんは小城市の村岡総本舗(そうほんぽ)で製造(せいぞう)を担当(たんとう)しており、同店で使用する材料を使いました。児童は7グループに分かれ、水に寒天や砂糖(さとう)、北海道(ほっかいどう)産小豆(あずき)を使ったあんを入れて煮込(にこ)みました。萩原さんは「寒天をしっかり溶(と)かすのがポイント」「とろみが出てくると(沸騰(ふっとう)時に発生する)泡(あわ)が大きくなる」などとアドバイス。児童は丁寧(ていねい)に作業を進め、出来上がったようかんを型に流(なが)し込(こ)みました。
 型に流したようかんは冷ました後、切り分けて児童がそれぞれ持ち帰ります。家族と食べたいという酒井(さかい)誓太朗(せいたろう)くんは「味見したけどおいしかった。完成が楽しみ」と待ち遠しそうでした。(22日付16面)

このエントリーをはてなブックマークに追加