杵島郡江北町議だった時期に町民らに歳暮などを贈ったとして、佐賀区検は28日、公選法違反(寄付行為の禁止)の罪で、元町議(62)=江北町=を略式起訴した。佐賀簡裁は同日、罰金50万円、選挙権と被選挙権停止3年の略式命令を出した。元町議によると、罰金は即日納付した。

 起訴状などによると、元町議は昨年7月26日から同12月25日までの間、2回にわたり、町内の有権者約90人に中元、歳暮として、ハムの詰め合わせを含む食料品など計167個(時価計46万6315円相当)を配送などで送ったとしている。

 元町議は5月に書類送検され、今月26日付で辞職した。町選管によると、町議会(定数10)は欠員1となり、4月の町議選で次点の候補者だった金丸祐樹氏(46)が繰り上げ当選する見通し。

このエントリーをはてなブックマークに追加