佐賀県佐賀土木事務所は28日、佐賀市東部のJR長崎線沿いの県道工事箇所で伐採作業中に誤って踏切施設の配線を切断し、神埼市内の2カ所の踏切で遮断機が約5時間下りたまま通行できない状態になったと発表した。列車の遅れはなかった。

 佐賀土木事務所によると、現場は佐賀市兵庫町若宮の県道計画地付近で、JR伊賀屋駅から南西約450メートル。28日午前10時15分ごろ、伐採業者の男性作業員が作業中に誤ってJR九州の敷地内に入り、線路沿いにむき出しになっていた配線を切断した。この影響で神埼市神埼町の二本松踏切と伍井踏切の遮断機が上がらなくなった。

 通行人が110番して発覚。同日午後3時に仮復旧が完了した。佐賀土木事務所は「工事を行う業者への注意喚起や他の発注機関との情報共有を図り、再発防止に努める」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加