九州電力は28日、6年間寄付を保留していた鳥栖市の九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)、早稲田佐賀学園(唐津市)、唐津市民交流プラザに2018年度分から寄付を再開したことを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加