空き家の活用を進めようと、体験者の話を聞く会が22日、有田町で開かれた。江戸時代の町屋で昨年4月からカフェ&レストランkasaneを夫婦で営む鈴木愛子さん(32)が、移住の経緯や経営の実情を紹介した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加