佐賀市内に設置されている幕末維新期の偉人モニュメントなどを手掛けた佐賀大芸術地域デザイン学部の德安和博教授が22日、佐賀市の県立美術館で講演した。「近年の制作と彫刻への思い」と題し、試行錯誤や工夫を重ねた裏話を披露した。