佐賀県は2020年版の日めくりカレンダーに使うイラストを募集する。募集は昨年に続き2回目で、イラストは佐賀の偉人や特産品、建造物などの中から好きなデザインを選んで描く。作品はカレンダーで数日に1回登場し、県さが創生推進課は「佐賀県のものを知ってもらうきっかけになってほしい」と呼び掛ける。

 カレンダーには、佐賀県に関する「今日は何の日」を毎日掲載し、県の豆知識などの情報も載る。応募は小学生、中学生、高校生、一般に分かれ、それぞれ24種類ずつの題材がある。小学生は「いちごさん」「呼子イカ」、中学生は「さが桜マラソン」「唐津くんち」など。高校生は「祐徳稲荷神社」「御船山楽園」、一般は「三重津海軍所」「牛津赤レンガ館」などから選んで描く。

 各24種類の題材のほか、県の特色ある祭りや建物などのイラストを描くこともできる。

 県のウェブサイトからダウンロードできる用紙を印刷して応募する。〒840-8570 佐賀市城内1丁目1-59「佐賀県庁さが創生推進課 日めくりカレンダー応募係」に郵送で、7月31日必着。採用者にはカレンダーをプレゼントする。問い合わせは同課、電話0952(25)7376。

このエントリーをはてなブックマークに追加