県内を中心に、講座やセミナーなどを通して薬膳を広める取り組みをしている教室「薬膳 香蓮(かれん)」が、嬉野茶を使ったハーブティーの新商品「授かり薬膳茶」を販売しています。「樹 ITSUKI」と「悠 HARUKA」の2種類。どちらも、中国伝統医学では五臓六腑のうち生殖能力をつかさどる「腎」への効果が期待できる薬膳材料やハーブを配合しています。
 代表で薬剤師の横尾柚美さんが「忙しい毎日の中で妊活を頑張っている女性の一助になれば」と開発しました。「樹 ITSUKI」は嬉野産和紅茶をベースに、安眠やリラックスへの効果が期待できるハーブを配合しています。妊活中のストレス緩和や日常のリフレッシュに。「悠 HARUKA」は嬉野産ほうじ茶をベースに、体を温め血流をアップする効果が期待できるハーブを配合。一日の始まりや活動に臨むときに合わせた商品です。
 5包で1200円、30包で7500円。問い合わせはHP、karen-yakuzen.com
 

このエントリーをはてなブックマークに追加