選挙違反取締本部の看板を設置した担当者ら=佐賀市の県警本部

 佐賀県警は27日、参院選(7月4日公示、21日投開票)の選挙違反取締本部を設置した。県警本部と全10署の約1180人体制で取り締まる。

 捜査2課によると、これまでに公示前のポスター掲示や、看板の不適切な設置があったとして、文書掲示違反で2件を警告した。

 県警はウェブサイトに選挙違反に関する専用コーナーを設け、情報提供を受け付けている。同課は「選挙の自由と公正を確保するため厳正、公平に取り締まる」と話す。

 2016年の前回参院選は、文書掲示違反など21件の警告があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加