佐賀市の日本画家・大串亮平さん(42)が、武雄市東川登町の内田天満宮に掲げられていた大絵馬3枚を復元した。経年劣化で原画が消える寸前だったが、かすかに残っていた線などを頼りに3年かけて再現。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加