鳥栖市の定例議会は27日、一般会計補正予算案や追加上程された人事案など9議案と、児童虐待防止対策のさらなる強化などを求めた意見書2件を可決し、閉会した。

 市上下水道局の工事架空発注問題の責任を取って橋本康志市長の給料を30%3カ月間、減額する条例改正案は賛成少数で否決、橋本市長に対する辞職勧告決議案は賛成多数で可決した。

 人事案では固定資産評価審査委員に木下みゆき氏(60)=西新町=を選任する案に同意した。

このエントリーをはてなブックマークに追加