企業の後継者問題など相談を受ける日本M&Aセンターの担当者=佐賀市の佐賀新聞ギャラリー

 県内企業の後継者問題や事業承継に関する悩みに専門家がアドバイスする無料相談会が27日、佐賀市の佐賀新聞社ギャラリーで開かれた。佐賀新聞社と日本M&Aセンター(本社・東京)の共催で2月から実施しており、今回が最終回となる。

 相談会には自治体や地元金融機関の担当者らが訪れた。同センターの鈴木康之執行役員は事業承継について「新たなビジネスチャンスと捉えれば、いろんな可能性が見えてくる。業種にこだわらず異業種とのマッチングを検討することも必要」とアドバイスを送った。

 経営者からニーズをいかに引き出すか、というテーマで相談に訪れた地元金融機関の担当者は「自分の会社を第三者に引き継ぐことに抵抗がある経営者はまだまだ多い。今回のような機会を利用して、情報収集やノウハウの蓄積に努めたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加