江北町の白木地区には、明治時代に多久の東原痒舎から譲り受けた孔子像が祭られています。以来、白木聖廟を建立し、学問の神としてはもちろん、地区の住民にとっては守り神として、日頃から親しまれています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加