台風3号の予想進路(27日18時現在)

 台風に変わる可能性がある熱帯低気圧は27日、西日本の太平洋側に向けて進んだ。28日朝には通勤時間帯の首都圏に近づき、雷を伴った非常に激しい雨が降りそうだ。西日本や東日本、東北にかけての広い範囲で大雨になり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒するよう呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要だ。令和初の台風になる可能性がある。

 気象庁によると、熱帯低気圧は27日午後3時現在、鹿児島・種子島の東約100キロの海上を時速45キロで北北東に進んだ。中心気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加