鳥栖市議会は27日の定例議会本会議で、橋本康志市長への辞職勧告決議案を採決し、賛成14人、反対6人で可決した。市長は続投する意向を報道陣に示した。決議案は、市上下水道局の架空発注などの不祥事が相次ぎ、市政への信頼を失墜させた市長の責任は大きいとして、市議会3会派が提出していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加