「SAGA BAR」のオープニングセレモニーで一足先に佐賀県産日本酒を楽しむ人たち=佐賀市のJR佐賀駅構内

 佐賀県産の酒を飲み比べできる立ち飲み形式のバー「SAGA BAR」が27日に佐賀市のJR佐賀駅にオープンするのを前に、県などが26日、イベントを現地で開いた。おつまみや器も地場産をそろえ、佐賀の魅力を発信する拠点と位置付け。関係者が一足先に美酒を味わった。

 山口祥義知事や県酒造組合の古賀釀治会長、日本酒好きタレントの中上真亜子さんが一緒に乾杯した。山口知事は「世界中から訪れる人に佐賀の入り口として、見て、触れて、味わい楽しんでもらえる案内拠点にしたい」とアピールした。

 「SAGA BAR」は、来年3月までの期間限定で月曜は定休。駅で佐賀の味を堪能した後、街に繰り出してもらう狙いで、営業は午後4時から午後8時まで。500円で3銘柄を飲み比べられる。24の蔵元の酒を1カ月ごとに入れ替えて提供する。有明海産のりなどおつまみは100~200円で味わえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加