降りしきる雨の中、たんぼ道をカッパ姿で下校する生徒。佐賀県を含む九州北部地方は26日、1951年の統計開始後、最も遅い梅雨入りとなった=午後4時半過ぎ、佐賀市本庄町(撮影・山口源貴)

 福岡管区気象台は26日、佐賀県を含む九州北部地方が梅雨入りしたとみられると発表した。統計を開始した1951年以降、最も遅かった67年の6月22日から記録を更新した。平年の6月5日に比べ21日遅い。

 佐賀地方気象台などによると、県内では27日昼まで雨が続き、未明から明け方にかけて最大で1時間40ミリの激しい雨が降ると予想。26~27日の雨量は多いところで120ミリとみている。1週間程度は梅雨前線が九州付近にとどまり、雨や曇りが続く見込み。

 梅雨入りが遅れていた要因は、南米ペルー沖で海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」。太平洋高気圧の張り出しが弱まり、九州南方の海上にあった梅雨前線の北上が遅れていた。

 この日は九州北部から近畿にかけた4地方が梅雨入りし、いずれの地方でも統計開始後、最も遅かった。気象庁が梅雨入りした日を確定するのは秋ごろ。平年の九州北部の梅雨明けは7月21日。

このエントリーをはてなブックマークに追加