出演者はドラマの撮影が始まるのを待っているのに、一向に脚本が仕上がらない。業を煮やした若き樹木希林さんが脚本家に電話した。「筋だけ教えてくれれば、後はこっちで何とかしますから」◆そう言われて激怒したというのが向田邦子さん。遅筆で知られ、締め切りに追われて「四」の文字を横棒4本で済ませた、という逸話も残る◆〈梅雨と書こうとして/木偏に雨と書いてしまった〉。詩人の高橋順子さんの「雨」にこんな一節がある。向田さんではないが、早く早くと気がせいて文字がもつれそうになる心情はよくわかる。きのう九州北部がやっと梅雨入りした。統計開始後最も遅い記録である◆ものの本では、平安時代の寛治2(1088)年のきょう、宮廷で僧侶1千人を集めて雨乞いの大祈き祷とうをしたそうだ。真夏だった旧暦とは事情が違うにせよ、田植えができなかったり、せっかく植えた稲が枯死したりと水不足にあえいでいた農家には、祈りが天に届いたような慈雨◆とはいえ、予報では台風が発生し、いきなり梅雨末期を思わせる大雨の恐れ。中国に「五風十雨」ということわざがある。5日に1度、枝を鳴らさずそよ風が吹き、10日に1度、地面をしっとり濡らす雨が夜降る…。「太平の世」を例えた言葉だが、そんなの現実にはありえない、と空模様の教えは厳しい。(桑)

このエントリーをはてなブックマークに追加