【ソウル共同】ソウル高裁は26日、韓国人元徴用工7人の遺族が日本製鉄(旧新日鉄住金)に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、1人当たり1億ウォン(約930万円)の支払いを命じた一審判決を支持、同社の控訴を棄却した。

このエントリーをはてなブックマークに追加