7月4日公示、21日投開票が有力視される参院選で、佐賀選挙区(改選数1)の立候補予定者2人による公開討論会が27日午後8時から唐津市で実施される。社会保障制度や少子化対策などをテーマにそれぞれ主張し、インターネットで中継する。日本青年会議所九州地区佐賀ブロック協議会と佐賀新聞社が共催する。

 自民党公認で現職の山下雄平氏(39)と国民民主党公認の元職犬塚直史(ただし)氏(64)が参加する。「社会保障制度の持続可能性と国民の負担」「日本の成長戦略としての少子化対策」「多子世帯への税制優遇」「佐賀が抱える問題解決策」の四つのテーマについて約20分ずつ意見を述べ合う。

 討論会は2時間で、ネット動画中継サイト「ニコニコ動画」で生放送し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に後日アップする。

 問い合わせは佐賀青年会議所、電話0952(32)1565。

このエントリーをはてなブックマークに追加