九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉間の整備方式見直しで、早期のフル規格化を求める動きに対し、秀島敏行佐賀市長は25日、「経済波及効果がある一方、(大都市に人や資本が吸い取られる)ストロー効果が出る見方もある」と懸念し、議論に時間をかけるように求めた。

 市議会の一般質問で平原嘉徳市議の質問に答えた。長崎ルートでの対面乗り換え(リレー)方式が長期化すると、フル規格の新幹線が走る鹿児島や熊本との地域間格差が広がるとの見方に対し、市長は「(フル規格は)経済波及効果は期待できるが、違った見方もしなければいけない。新幹線は移動手段で、まちが努力しなければストロー効果で吸い取られる恐れがある」と答弁した。

 並行在来線の問題にも触れ「これほど便利な博多-佐賀の特急の本数、料金がどうなるか心配が消えない。第三セクターの運営にならないといいが」と懸念を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加