神埼市議会の議会改革検討特別委員会(簑原忍委員長)は、議員定数を現行の「20」から削減する方針を確認した。削減数や時期などについては、今後議論を詰めていく。

 6月定例市議会会期中の19日に特別委を開催。全議員が出席して定数削減について協議し、採決の結果、削減する方針を決めた。

 17年7月に市区長会が定数削減の要望書を市議会に提出。市議会側は、要望内容について特別委で協議をしたが、改選前の削減はしないとの方針を決め、区長会に回答した。定数20で実施された18年4月の市議選では、無投票で全員の当選が決まっている。

 議員定数を巡っては、2006年の3町村合併で26となり、その後は協議を重ねて10年に24、14年に現在の20に減らしてきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加