30代で2度の子宮がんを患ったタレントの原千晶さんの特別講演会が15日、佐賀市駅南本町の明治安田生命佐賀支社で開かれた。原さんは自身の体験を語り、検診の大切さなどを呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加