田植えで泥まみれになった園児=佐賀市兵庫町

田植えを楽しむ園児たち=佐賀市兵庫町

田植えを楽しむ園児たち=佐賀市兵庫町

 佐賀市西与賀町の信光幼稚園(篠塚洋子園長)の園児が24日、同市兵庫町の水田で田植えを体験した。尻もちをついて悲鳴を上げたり、田んぼの生き物に興味を示したりしながら、懸命な表情で楽しんだ。

 年中、年長組23人が参加した。年中組の山口百桃(もも)ちゃん(4)は「オタマジャクシも見られて嬉しかった」と満面の笑み。田植え機などの体験乗車もあり、普段乗れない“働くクルマ”に歓声を上げていた。

 米の成長の様子を知ることで、食べる意欲を育もうと農家の協力の下、3年前から取り組んでいる。副園長の篠塚勇悟さん(29)は「普段何気なく、口に入れているものが育つことの難しさを感じてほしい。それが食に対する興味につながれば」と期待を込めた。

 秋には稲刈りを体験し、飯ごう炊きのおにぎりや炊き込みご飯にして楽しむことにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加