気象庁は25日、7~9月の3カ月予報を発表した。東日本(関東甲信、北陸、東海)や西日本(近畿、中国、四国、九州)では7月を中心に湿った空気が流れ込みやすく、降水量は平年並みか多いとみられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加